競馬に始まり、競馬に終わる。

或る社畜が競馬予想の過程を垂れ流すところ。仮説→検証の流れが楽しくて競馬やってます。

京都新聞杯(GⅡ)◎マンオブスピリット

毎週元気に1記事を目標に頑張ろうと思う!!!

 

 

雨が降ってきたらしいけど、大きな影響を及ぼすほどではなさそう。

今の京都は時計は速いタフさ求められる。単純な軽い切れ味だけでは厳しい。重たい馬(体重の話ではない)を狙っていきたい。

 

 

◎11.マンオブスピリット

○8.アドマイヤビルゴ

▲7.キングオブドラゴン

△10.ファルコニア

△6.ディープボンド

△3.シルヴェリオ

 

外寄りの差し馬を中心に。▲は攻め気味。

 

 

◎11.マンオブスピリット

今の京都はドンピシャと見て本命。

未勝利戦(京都外回り1800m)では中団馬群の中で進め、3コーナー手前で外から数頭に抜かれポジションを悪くしてしまいながらも大外に出してからは鋭く伸びてきた。2着のフライライクバードはその後未勝利クラスを脱してアザレア賞を完勝。レベルも申し分ない。

前走のつばき賞(京都外回り1800m・1勝クラス)は今回とは異なり、重馬場での競馬だったが、前有利の展開で一頭後方から差し切り勝ち。パワフルな走りで他馬を圧倒した。2着のダノンアレーはその後毎日杯3着。

若干ズブいところがあるので多少気がかりだが、外寄りの枠であり、かつ距離延長なので克服することは可能とみる。京都の下り坂も難なくこなすし、外からアドマイヤビルゴを見ながらスムーズに加速できれば。未勝利のタイムは優秀だし、距離延長で道中ゆったり進められれば今の馬場でも足りる。

 

 

○8.アドマイヤビルゴ

使える脚が短いのでは?という疑問があり、それを払拭できなかったので評価を落とした。

前走の若葉ステークス(阪神2000m・L)を振り返る。最内枠からまずまずのスタートを切り、先行馬を見る位置を確保。道中ずっとインの3番手を追走し、直線でそこから抜け出して完勝。相手は弱かったものの、非常に優秀なタイムをたたき出しての圧勝だった。

確かに強い競馬ではあったが、今回のレースで使う脚とはまた違うものであったのも事実。後ろを引き離して逃げていたキメラヴェリテだが、それでも前後半5ハロン59.9-59.0というスローバランス。ということは後続は全てスローペースで競馬をしていたということになる。スローからの末脚比べ、ということになる。

さらに、当時の阪神は前・インコースが有利な馬場。実際このレースの上位3頭はみんな3~4コーナーでインコースを通っていた。その3頭の中では末脚の切れ味がずば抜けていたのは間違いないが、威張れるほどの相手ではない。

今回は外寄りの枠。外から前を捕まえに行く競馬になる。前走とは全く違う脚が求められることになるが、だらだらと脚を使う競馬はイマイチなのでは?という疑問がある。新馬戦もラスト2ハロンだけの競馬。今回のレースで求められるものはあまり見せていない。後躯気味なのも気になるところ。ここはオッズほどの信頼は置けない。

 

 

▲7.キングオブドラゴン

穴どころから1頭。

前走の山吹賞(中山外回り2200m・1勝クラス)は3~4コーナーの動きたい場面で外から他馬に動かれるという痛恨の遅れ。京成杯でも良い脚を見せていたし、今回の相手関係なら2、3着争いに加わってもなにも驚かない。

 

時間切れ、、、